指輪のプレゼントはクリスマスが定番です

男性が女性に指輪をプレゼントするシーズンとして一番人気なのがクリスマスです。クリスマスといえばカップルが一番盛り上がるシーズンです。1年の中で一番ロマンチックなシーズンですし、クリスマスが1年の中で一番好きという人も珍しくはありません。女性にとっては彼氏、または夫と過ごせるクリスマスはとても特別です。これは歳を重ねても変わりません。そんなクリスマスに指輪をプレゼントでもらうと、本当に幸せな気持ちになります。その人に愛されているんだなと実感できます。だから男性は、この時期にあげる指輪選びは特に頑張って選ばなければなりません。彼女にあげるなら、今の流行りや可愛らしいデザインのものをチョイスするといいでしょう。妻にあげるなら、普段使いできそうなシンプルなものがいいですね。または、結婚指輪と組み合わせつけられるものもいいでしょう。

指輪のプレゼントは男女間だけではありません

指輪のプレゼントといえば男性から女性にあげることが頭に浮かびますが、それだけではありません。母から娘へあげることもあります。この指輪は、お父さんとお母さんが結婚した時、お父さんがお母さんにあげた結婚指輪です。もちろんずっと母がつけていて大切にしていたものですが、母は昔から娘が大きくなればこれをプレゼントしようと心に決めていました。なぜなら、裏の刻印が娘の生まれた日になっていたからです。父は娘が生まれてから母にこの指輪をプレゼントしました。何故結婚指輪ではなく、娘の生まれた日を刻印したのかは父にしかわかりません。その父も他界したので真相はわからずじまいです。娘が30歳になり、その節目に母は娘にその品を譲りました。娘としても、この品には父と母の気持ちがたくさん詰まっているものだから、大切にしなければいけないという気持ちでいっぱいです。

指輪のプレゼントはサプライズでなくても良い

よく男性の中には彼女にサプライズをしたくて、黙って彼女の指輪を購入しプレゼントをするという人がいたりします。それは成功すれば良いのですが、失敗すれば大きな損失になりかねません。購入する場所によってはサプライズですと断るところもあるようです。その理由は、彼氏が選んだものを彼女が気に入らなかったことや、指のサイズを把握しておらず適当に購入したら案の定指にはまらなかった、またはサイズが大きすぎてしまったというパターンは意外と多くあります。女性にとって指輪は気に入らないものであるならば本当につけるのが嫌になるほど、気持ちの持ち方が変わってきます。そしてサプライズをしたがる男性は多くいるかもしれませんが意外と女性はサプライズでなくても、指輪をプレゼントされることはうれしいことなので一緒に選んで彼女がほしいものを購入するだけでも十分、最高のプレゼントとなります。

コメントを残す

*